1. ChromeがLaz..
    2018/September/04/04:49 Tue   Comment(0)
    わたしがリスペクトしている コリスさんの情報です。 ... ( Read more )
  2. SQLite Int..
    2018/August/27/03:29 Mon   Comment(0)
    SQLite Integrationを使い SQLiteでWo... ( Read more )
  3. Hello Word..
    2018/August/22/07:37 Wed   Comment(0)
    さくらのレンタルサーバ ライトで WordPressが使えまし... ( Read more )
  4. CMSをインストール..
    2018/August/19/14:14 Sun   Comment(0)
    おそらく8月22日の システムメンテナンスで さくらのサブド... ( Read more )
  5. 何となく分かったで良..
    2018/August/15/05:14 Wed   Comment(0)
    プログラミングを勉強したり 調べたりしていると 出てくる言葉... ( Read more )
2018/July/

2018年07月11日

AMPカスタムタグ利用の注意点

前記事にて
AMPカスタムタグを使うと言うのを
ご紹介したのですが、

このカスタムタグを利用してみて
いくつかの注意点を書きとめて
おきますね。

492717.jpg


AMP JSライブラリは</head>の
直前に記述する。

amp-iframeやamp-gistなどの
コンポーネントに必要な
JSライブラリは単体では使えません。

v0.js(amp-imgタグに使うJS)
とセットで動作します。




amp-imgタグは閉じる事。

<img src=""> は閉じませんが、
<amp-img src=""> は </amp-img>と
閉じタグで閉じる事です。

amp-imgタグで表示した画像は
RSSフィードで表示されません。

RSSフィードで画像を取得する
ブログパーツを利用している場合
画像が表示されなくなります。

amp-iframeタグで
リンクをtarget=_blankにするには
sandbox="allow-popups" を指定します。


GitHub GistをCSSで装飾して
表示している場合、

amp-gistタグでは
装飾が有効になりません。





上記の事から、
カスタムタグと
標準のタグを
うまく使い分ける事
必要なようです。







貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました







posted by four4to6 at 03:24 | Comment(0) | このブログの事 Performance up